自分で書いた本を出版&販売する方法

¥1,000

この方法を知らないと・・・何十万円も損することになりますよ!

自分で本を書いて、最安値で出版して販売する方法をお教えします!

自分の本を書いて、出版したいあなたへ,

あなたは、自分で本を書いて出版してみたくはありませんか?

本を書いたことがあっても、あるいは作家になりたいという夢があるとしても、恐らくこの世界の競争の厳しさについては既にお気づきかもしれません。

エージェントや出版社に持ち込まれた原稿のほとんどは、目を通されることもなく却下されてしまいます。

これでは、作家志望の人たちが諦めてしまうのも無理はありません。

本というのは、出版されなくては始まらないからです。

 

自費出版専門の会社についても、恐らくご存じでしょう。

個人のために本を出版しますが、膨大な数をオーダーする必要があり、それだけコストもかかります。

よほどお金に余裕のある人でないとできない事で、そのため手をつけようとする人は非常に限られています。

 

本にしたいアイデアはあっても、それをまとめる方法はご存じですか?

フィクション、あるいはノンフィクション小説を書こうとしている人には良くあることですが、本を書くのはそう簡単にできるものではありません。

本を完成させるのは、頭に浮かんだようにはいきません。

本はまず、創造的なひらめき(アイデア、歌のタイトル、夢で見たイメージなど)があって、そこから始まります。

なかなか数百ページもの本をすらすらと書けるものではなく、キャラクターやストーリーの構成、一貫性などを常に考慮する必要があります。

 

けれども、本を書きたいのなら望みはあります。

作家になって本を出版したい、その気持ちを進めるのも止めるのもあなたしかいません。

現在では、それほどお金をかけなくても本を書いて出版することが可能です。

全ての人に望みはあります・・・

作家たちはみな、聞いてほしい声を持っており、本はそれを公に伝えるための1つの手段です。

残念ながら、大きな出版社が未知の作家を扱うことは滅多にありません。

持ち込まれた原稿に目を通すこともなく、たいていはエージェントとしか取引がありません。

 

エージェントも通常は未知の作家の原稿を受け入れることはありません。

折り紙付きの業績がある作家、お金になる作家しか求めていないのです。

彼らの多くは法律の学位を持っており、クライアントの弁護士のような立場で働いています。

そしてたいていの弁護士と同様、仕事をする価値がないものに対しては無償で働くはずもありません。

 

けれども、インターネットやパソコン技術の進化のおかげで、今では誰もが手頃な方法で本を出版できるようになりました。

今では出版社を通さなくても、あらゆる作家に本によって自分の声を聞いてもらうチャンスがあります。

オンラインの会社を上手に利用して自費出版を行えば、予算が少なくてもAmazonに本を載せることもできるのです。

作家になるという夢を抱いてきたあなたは、今こそ実行する時なのです!

 

オンラインには、自分で出版するためのコツを教えてくれる本がたくさんあります。

あなたがこれを読んでいるということは、恐らく既に本を書き始めている、あるいは書くことを真剣に考えているのでしょう。

本書は、これから作家になる人のために本を書く基本を教えています。

さらに、自費出版をした本をマーケティングする方法もお伝えしています。

Reviews & Ratings

レビュー

“自分で書いた本を出版&販売する方法” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

My cart
Your cart is empty.

Looks like you haven't made a choice yet.